So-net無料ブログ作成

トランプ大統領 影響力は世界の核兵器保有を左右するのか? [トランプ大統領]

トランプ次期大統領の閣僚人事が次々と決まって来ました。

その人事で核軍縮関連のスペシャリスト達は、危機感を強めている様です。

トランプ氏と激しい選挙戦を戦ったヒラリー・クリントン氏は彼に激しい事を言ってます。★

c3662fc737d7c0423066a529ce069025.jpg


ヒラリー・クリントン氏は「どなるど・トランプが大統領となり、

彼の指が核兵器の発射ボタンに置かれるという様なことが、起きてもいいのか」

かなり強い発言を選挙中に言いました。




スポンサーリンク





アメリカの大統領は、国の最高司令官として、

核兵器使用の最終決断をします。



記憶に新しいところでは、オバマ大統領が今年5月に広島を訪問しました。

被爆地広島への歴史的訪問を果たしましたね。



テレに映し出されたのはオバマ大統領が被爆者をハグするシーンです。

しかしその瞬間にも、オバマ大統領の側には「核のボタン」があったんですね。



いつも側近が持ち歩いています。

その黒いスーツケースは「核のフットボール」と呼ばれていますね。

そして大統領は何処にいても核攻撃を指示できる様になっています。

ボタンを押す必要な手続きやコードの書類なども入っている様です。



トランプ次期大統領は核を使うのか減らすのか?



ピーター・カズニック氏はトランプ氏が次期大統領になる事を、

「クレージー」と言いました。



それに戦争、基地問題に関してもアメリカ政府を批判しています。



そして注目すべきは沖縄、長崎、広島へ訪れたことがあるのです。




トランプ氏は選挙中に「核兵器があるなら、なぜ使わないのか」

と過激な発言をしました。




スポンサーリンク





この事を受けてカズニック氏は

「トランプ氏は、読書をしない、知識もない。」

「今後4年間、人類にとってのゴールは、とにかく生き延びることだ」と厳しい見方をしています。




そして、逆にグッドニュースもあると言ってます。

トランプ氏は、ロシアのプーチン大統領を礼賛しましたね。



国務長官に、プーチン氏をよく知る、レックス・ティラーソン氏を指名しています。

彼はエネルギー大手のエクソンモービルのCEOです。



トランプ政権が、プーチン氏ときちんと対話できる関係を築くことが出来れば、

核兵器の削減を進める事が出来るかもしれないとコメントしています。



※ピーター・カズニック

 アメリカン大学歴史学部教授で核問題研究所所長



トランプ氏の気性を心配しているデビット・カルプ氏はこのようにコメントしています。

「全てが未知数」

「心配されるトランプ氏の気性について、

最初に試す事が出来るのは、北朝鮮の核ミサイル実験だ」





カルプ氏は、北朝鮮が2009年にオバマ大統領の就任式後に、

長距離弾道ミサイルの実験を実施し、

さらに2013年の2期目の就任式直後に核実験を行った事を受け、

「トランプ氏の就任式後に、何らかの動きがあるのは、パターンとして考えられる。

その際に、トランプ氏がどう対応するかが、最初のリトマス紙だ」とコメントしています。



※デビッド・カルプ

 ワシントン連邦議員に、長期にわたり核軍縮のロビー活動を展開




スポンサーリンク





トランプ次期大統領の発言は選挙期間中は激しいものでした。

しかし選挙が終わってからはその激しさはトーンダウンして来ましたね。

あの過激発言は選挙戦を戦うための作戦だったとも伝えられました。



トランプ氏の閣僚人事を見る限りでは、

公約通り、アメリカ経済再生を最優先にした人事が見えてきます。



そして核問題に対しては未知数です。

世界の核軍縮に向けた発言を大いに期待します。

あの選挙戦を戦ってきた時の様に、過激な発言で核軍縮に向けて行動して欲しいものです。





最後までお読みいただきありがとうございました。


この記事もよく読まれています

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
トランプ氏のアメリカ大統領選で当選確定 なぜ今?
ドナルド・トランプの発言は迷言(名言)だ
トランプ次期大統領 再集計でクリントン大統領誕生か?
トランプ大統領の娘婿はアメリカ選挙のスタイルをチェンジ
トランプ大統領 クリントン氏に負けていた、得票数200万票差



スポンサーリンク

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。