So-net無料ブログ作成

夏野菜でリバウンドのないダイエットにトライ [ダイエット]


夏は一年の中でも痩せ安いシーズンです。

夏場は水分を多く取るため消火液が薄くなりがちです。

そして食欲が低下して来ますね。

また暑さによるストレスで胃の消火液の分泌が低下傾向になります。

胃腸の機能低下で食物の栄養素の吸引力が弱くなって来ます。



これらの事で夏は比較的、痩せるシーズンなんですね。


また夏痩せには、たんぱく質の不足などによる筋肉減少も見られるようです。



だから夏はダイエットにはとても良いシーズンです。

リバウンドの少ない効果的なダイエットをこの夏にトライしましょう。

それには夏野菜はとても良いダイエットに効果が大きい物です。

10133862_PW36[1].jpg

特に夏野菜には痩せるための栄養素が多く含まれています。

痩せる体質を作るには夏野菜は欠かせません。

そして旬の物を多く取りましょう。


夏野菜には、水分やカリウムを豊富に含んでいる物が多いです。

身体にたまった熱を身体の中からダウンさせてくれます。

キュウリやトマトは生で食べられるので非常に取りやすい夏野菜ですね。

夏に不足しがちな栄養素を補給できる夏野菜を積極的に取りましょう。


スポンサーリンク



代表的な夏野菜と栄養素と効果


【きゅうり】

カリウム・水分が多く含まれている。

酢のもので効率よくビタミンCを取りましょう。

ホスホリパーゼという酵素が含まれているので脂質分解に良い。


【レタス】

カリウムが豊富に含まれている。

栄養価は低い。

レタスの約95%が水分

体の余分な塩分を体外に排出してくれる。

レタスに含まれるラクツコピリンが睡眠を促してくれると言われています。

たとえば夜中にアイスクリームやデザートを食べる人は、夕食の時にレタスをたっぷり食べましょう。

ぐっすり眠れるそうです。


【ゴーヤ】

ビタミンC・鉄分・カルシウム・食物繊維が豊富に含まれています。

コレステロールを下げる効果があります。

また苦味成分には血糖値を下げる効果もあります。



【かぼちゃ】

ビタミンA・ビタミンEを多く含んでいます。

ポリフェノールを含み抗酸化作用を持つと言われています。



【ピーマン】

ビタミンC・ビタミンAが含まれています。

緑黄色野菜の代表ですね。

血行を良くしてくれます。

冷え症の対策にも良いとされています。



【なす】

ナスニン・アントシアニンを含み抗酸化作用があります。

そして抗がん効果もあると言われています。



【トマト】

夏野菜の代表格です。

ビタミンA・ビタミンC・ビタミンE・リコピン・カリウム・ミネラルを含んでいます。

抗酸化作用がありさまざまな病気の予防に良いとされていますね。

脂肪の燃焼を助けてくれます。

中性脂肪を低下させてくれます。

アルコールの分解を助けてくれます。

日焼け予防効果まであると言われています。

疲労回復効果があります。

血液サラサラ効果があり脳卒中を予防してくれると言われています。

トマトジュースも同じ作用があるといわれています、ただし塩分のは言っていない物です。



その他には

にら・オクラなどが良く食べられていますね。


関連記事

→ グルテンフリーとは?それで痩せる事が出来るの?
→ 私達夫婦のダイエット方法



痩せ箸(やせばし) STYMB60 ダイエット 箸 22cm 日本製

痩せ箸(やせばし) STYMB60 ダイエット 箸 22cm 日本製

  • 出版社/メーカー: エステック
  • メディア: ホーム&キッチン




スポンサーリンク

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。