So-net無料ブログ作成
検索選択

日本人がよく使うカタカナ英語 [アンデルセン・イングリッシュ・スクール]

アンデルセン・イングリッシュ・スクールのソフィです。


英語を楽しみ
もっとしゃべりましょう!」と!

質問をしても、投げかけても全く返事がありません。

無口になってしまうのです。

教室がシーンとしてしまうこともあります。

そんな時に戸惑う外国人講師は少なくないようですね。



IMG_9619.PNG



生徒さん同士で会話をさせようとしても、

ただ、ただ沈黙が続くばかり・・・・・です。




スポンサーリンク





なぜ日本人は話さない、もしくは、話せないのでしょうか?


今日は日本人がよく間違うカタカナ英語をご紹介して行きます。




IMG_9616.PNG




通じるだろう!という思いで海外に行って

外国の人と話しをしたら、全然通じなくてショック、

という経験をした方は多い様です。



ひょっとして貴方もそうでしょうか?




外国人からすれば、日本人の英語はよくわからない、

という声もよく聞きます。



意外に通じない言葉は数多くありますね。




ネイティヴスピーカーに英語を習ったことがありますか?

ある方は、一度は言われたことがあるのではないでしょうか?





「どうして黙っているの?

あらかじめ学んでおけば海外に行った時に、

苦労することはありませんよ。




IMG_9617.PNG




そこで今回は、実は通じない『カタカナ英語フレーズ』を10個まとめていきます。




● 1. ピアス


正解:イアリング(earring)


解説:ピアスは「穴をあける」という意味なので、“earring”が正しい。


ピアスを買いたくて


「I want to buy a pierce」

というと、耳に穴を開けられてしまうかも?



● 2. ナイーブ


正解:未熟、騙されやすい


解説:日本では「繊細な、傷つきやすい」という意味で使われることが多いですが、

英語では「未熟」という意味。

「He is so naive」

というと、相手を傷つけてしまう!




スポンサーリンク





● 3. ベテラン


正解:老兵


解説:日本では「熟練な」という意味でよく使われていますが、

英語では「老兵」という意味。よって、

「He is a veteran」

と使ってしまうと老いていることを、

攻めているようなニュアンスになってしまいます。



●4. ジュース


正解:フルーツが使われている冷たい飲み物のこと


解説:日本ではソフトドリンクを飲むというと、とかくジュースと言いますが、

英語ではコーラは

“soft drink”でお茶は“tea”。

“orange juice”などしっかりとしたジュースのことを初めてジュースと用います。



●5. コンプレックス


正解:複合的


解説:日本では“ぼくは長い顔がすごいコンプレックスなの”

と「劣等感」を示すときに使いますが、

英語では「複合的」という意味。

“cinema complex”は日米共通です。



●6. カルチャーショック


正解:Culture difference


解説:日本と文化が違って“カルチャーショック”

とよく使う人は多いですが、これでは伝わりません。

何かに攻撃されたという意味になります。

文化の違いに驚いた!と使うのが正しいです。



●7. デコレーションケーキ


正解:decorated cake


解説:“デコレーション”は名詞として使われているので直訳すると

装飾用のケーキという意味になっています。

欧米ではcakeというだけで飾り付けされているケーキの意味になります。




●8. デパート


正解:department store


解説:英語ではdepart=出発するという動詞になってしまいます。

カタカナ英語では略してしまいがちな言葉もしっかり、

原型を伝えるようにすれば伝わるはずです。




●9. フライパン


正解:frying pan


解説:フライパンは「frying pan」です。

「飛ぶ」や「ハエ」を意味する「fly」ではなく、

料理では「焼く」とか「炒める」を意味する「fry」となります。



●10. アパート


正解:apartment


解説:これも8番と同様“apart”だけなら“離れる”という動詞になってしまいます。

まったく意味が違うことになってしまうので、

原型を覚えておくのは大切ですね。




スポンサーリンク





この1~10を読んで、
 
「あ~ だから 私 英語 話せないんだ~」

と思う人もいるでしょう。



でも、英語が「必要」かつ、

勉強が「楽しい」状況さえ作れればいいわけです。



この状況をどう作るか、

ぜひ考えてみて欲しいと思います。




IMG_8685.JPG




今は英語が初心者でも関係ありません。




今までどうだったかではなく、

大事なのは「これからどうするか」です。



今までの日本のやり方を捨て、

ぜひ自分なりの楽しい英語勉強法を見つけ出して欲しいなぁと思います。

アンデルセン・イングリッシュ・スクール高松、

ソフィからのアドバイスでした。



Thanks for reading.




最後までお読みいただきありがとうございました。


この記事もよく読まれています

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

卒業式に英語でメッセージを贈ったら感動

節分を英語で言いたい

バレンタインに贈る英語で言いたいメッセージ

英語で言いたい  「よろしくお願いします」

英語で言いたい新学期・正月明けの挨拶フレーズ





スポンサーリンク

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました