So-net無料ブログ作成
検索選択

ダフネセルフ世界最高齢モデルの美の秘密 [ダフネ・セルフ]


世界最高齢のモデルのダフネ・セルフさんです。その生き方はとても素敵です。

「老いはみんなに訪れるけれど、

成長は望む人にしか訪れないよ。」

とダフネセルフさんがコメントしています、すごく素朴で素敵な言葉でしょうか★

IMG_4540.PNG


信じられませんね。

世界最高齢で88歳のモデルがいるんですね。

その方はダフネ・セルフさんです。

彼女は最近注目を集めています。

皆さんご存知でしょうか?




スポンサーリンク





ダフネ・セルフさんの最愛の夫が亡くなった後、70歳でファッション誌の「VOGUE」に復帰しました。

70歳のお年でファッションモデルとは、あり得ない事ですよね。

今までに聞いた事がありません。

一流ブランドのランウェイで今も活躍されています。



IMG_4545.PNG



88歳のダフネ・セルフさんです。

当然ですが、シワもシミもあります。

しかし、20代の頃より楽しいと語るダフネ・セルフさんの新刊 『人はいくつになっても、美しい』 より、

ありのままの自分を愛するための言葉をお届けします。




IMG_4546.PNG



私は、この一冊の本に出会えたことをとても誇りに思っています。

歳をとると言う事は衰えて行く事と思っていました。

しかし、歳をとると言う事は素晴らしい経験と言う年輪を重ねて行く事と教えられました。



人生はいくつになっても毎日がお勉強ですね。




私はダフネセルフさんの本を目の見えるところに置いています。


そうすると1日に何回も、本を読み直したくなります。

そして毎日が新しい気持ちで迎えられます。

一日一日をリセットしてくよくよしなくなった様です。


今、私の人生はダフネセルフさんからのたくさんの素晴らしい言葉と共に過ごしています。

今までよりも色んなことにチャレンジしたい気持ちがより強くなりました。




IMG_4541.PNG



老いはみんなに訪れるけれど、成長は望む人にしか訪れない。

とダフネセルフさんが言います。

歳を取ると、あたり前ですがシワもシミも増えます。




IMG_4542.PNG



体もどんどん弱ってきますね。

それでも、年齢を重ねれば重ねるほど、美しく輝いて見える人がいます。


私は、そんな人たちの持つ「美」とは、

これまで歩んできた人生の経験と、経験によって授かった知恵が、

その人のオーラになったものだと思います。




IMG_4543.PNG



そういう人たちは、目の奥の輝きが違います。

それに、表情も生き生きしていますね。



さまざまな経験を積んだ人の顔というのは、それだけで魅力的です。




スポンサーリンク





私は、みんなに 「Beauty」 という単語をもっと詳しく説明したいと思います。

Beautyという単語の意味には

「美しさとはさまざまな資質の組み合わせで、

見た目にも、心にも、五感にも喜びをもたらす」の意味もありますよ。


おもしろいでしょう。


Beautyとは表面上の美しさだけを指すのではないと、私は思います。




IMG_4547.PNG



心と外見は常にリンクしていて、

それはつまり、自分がこれまで歩んできた人生が、

はっきりと顔に映し出されるということです。




歳を取りたくない、と言う人がいますが、

私にはどうもわかりません。




ちっとも怖がることじゃないのに、と思います。




それはいま言ったような理由からで、

つまり年齢は私にとって、ただの数字でしかないからです。





英語にはこんなことわざがあります。


「老いは誰もが通る道、成長は選んだ人が通る道」




IMG_4544.PNG



老いはみんなに訪れるけれど、成長は望む人にしか訪れない。


つまり、どう成長していくかはその人次第、ということですね。



私の大好きな言葉です。






この記事もよく読まれています

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓


ダフネ・セルフ モデルはいくつになっても
ダフネ・セルフの食事
ダフネ・セルフ 本「人はいくつになっても、美しい」で自分を好きになる
ダフネセルフの若い頃
ダフネ・セルフ 名言


タグ:美の秘密

スポンサーリンク

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました